Top >  市場のオープン時には要注意!

市場のオープン時には要注意!

FXをしていると、急に相場が激しく動き出すことがあります。慣れていない人にとっては、「なにっ!?急に動き出したぞ!」と焦ることでしょう。しかし、「そろそろ激しく動きそうだな…」と、心の準備が出来ていればそれほど焦ることなく取引できますよね。また、自信がなければ激しく動き出す前にポジションを決済して、「高みの見物」をしておけば良いだけですから(笑)

では、相場が激しく動き出すタイミングとはいつなのでしょうか?まず考えられるのが、「大きな市場がオープンした直後」です。FXは世界中で行われているのですが、「世界3大市場」というものをご存知でしょうか?「ニューヨーク市場」、「ロンドン市場」、そして、私たちの「東京市場」ですね。この3つの市場では、大量の外貨が取引されています。したがって、オープン直後は激しく動くことがほとんどなんですよ。東京市場は午前9時ですし、ロンドン市場は夕方の5時です。ニューヨーク市場は夜の10時半ですね(サマータイム等によって1時間ずれる時期があります)。

また、「指標発表時」には多くの注文が入るため、激しく動くことも考えられます。たとえば、アメリカの「雇用統計」や日本の「景気ウォッチャー」など、世界的に強い影響を持っているデータが発表された直後というのは、そのデータが投資家心理を大きく動かしますので、それに伴って相場も激しく動き出すんですね。

「大きな市場のオープン直後」と「重要指標の発表時」、この2つのタイミングさえ抑えておけば、焦ることはないと思いますよ。