Top >  基本のテクニカルとは?

基本のテクニカルとは?

テクニカル分析は、とくに「デイトレ派」の方々に重要なものです。「過去のデータから計算すると、現在の状況はこうである」のように、いちいち人間の手で計算しなくても、チャート機能で勝手に計算して表示してくれるのです。

大きな経済の流れとはあまり関係のないデイトレ派の場合、まさにテクニカル分析は「相場の今を知る」という意味でも非常に重要な「味方」です。しかし、テクニカル分析にも様々なものがあり、まずはFX初心者の皆さんに覚えて欲しいものをいくつか紹介していきましょう。

まず、何と言ってもローソク足ですね。「実態」の色や長さ、また、「ひげ」の有無や長さなど、何回か取引しているとすぐに慣れると思うのですが、ぜひとも「読める」ようになっておきましょう。

また、それと同時に「移動平均線」も基本のテクニカルと言えます。「平均的にこの価格で推移している」が表示できるだけでなく、「この状態で行くと、上値の限界はこのライン」を示した「上値抵抗線(レジスタンスライン)」、さらには、「この状態で行くと、下値の下限はこのライン」を示した「下値支持線(サポートライン)」も一緒に表示するようにしておきましょう。

もちろん、その他のテクニカルと組み合わせても良いですよ。「買われすぎor売られすぎ」を示した「RSI」や「ストキャスティクス」も良いですし、「過去○○日間、この幅で推移している」を示した「ボリンジャー・バンド」なども基本的なテクニカルと言えるでしょう。ちなみに、各FX業者のホームページでは、テクニカル分析の使い方を動画付きで解説している場合もあります。ぜひチェックしてください!