Top >  生活費の内訳と節約のポイント

生活費の内訳と節約のポイント

厳しい経済状況の中のなか、どの家庭においても家計の節約が求められています。生活費の中にはどうしても減らせない部分と、節約の余地がある部分とがあります。では一般家庭の生活費の内訳はどのようになっているのでしょうか。

3~4人の世帯の場合、生活費に占める割合がもっとも多いのが食費で約22%。次いで交通・通信費で約15%。教育・娯楽関連の支出が約11%、以下光熱・水道費と住居費が約7%、衣服、生活用品、保健・医療関連がそれぞれ約4%程度、あとはその他となります。

日々出費がかさむ感覚が強い食費を削る家庭が多いですが、そのほか、たとえば通信費や光熱費を削る方がより無理なく節約することが可能です。どこをどれだけ削るかは各家庭によって異なってきますが、自分たちの内訳を作成し、どこが多めなのかを確認したうえでよく検討するとよいかもしれません。